ご利用案内

ご利用の前に

「研究成果に基づく療育を地域に広げ、障害があってもその子らしく成長することを願い、そのために家族としてできる努力をしたいと思う、そんな子どもと家族を支えたい」

設立した2010年以来、この思いを軸に様々な取り組みを重ねてきました。

この度トータスキッズは、福祉事業として自閉症療育の専門組織であるNPO法人ADDSと慶應義塾大学が共同開発した発達障害児に対するエビデンスに基づいた包括的早期療育プログラムを採択。

児童発達支援事業では、上記プログラムに基づく早期療育に特化。お子さんに必要なスキルを応用行動分析(ABA)に基づいた支援で行います。個別指導にあたっては、応用行動分析の研修を受けたものが指導にあたります。また定期的に専門家との連携もはかり、指導の質の向上に務めます。応用行動分析以外にも、専門的な研修を受けながら指導のスキルを高めています。

放課後等デイサービスにおいては、上記療育プログラムとともに、スケジュールやできる力を組み立てるワークシステムなどTEACCHをはじめとした自立活動の支援も取り入れ、高校卒業後の進路につながる自立と就労及び個の人生の充実に向けた療育支援を試みます。

こうしたトータスキッズの療育を効果的に機能させるには、一つ重要な要素があります。

それは、「保護者の協力」です。

* 将来に備えスキルを積み上げていける療育の場が欲しい。

* 保護者として家庭で役立つ子供の支援の基礎を学びたい。

* 困ったことがある時に一緒に考えてくれる人が欲しい。

* 情報交換や元気をもらえる保護者同士の繋がりが欲しい。

* 年に1〜2回の程度なら保護者活動に協力できる。

「自分たちのペースだけど、ちょっとずつ子どもと前に進んでいきたい。その努力をしたい。」

そんな子供と家族の最大の理解者であり支援者でありたい。

トータスキッズは頑張る子どもと家族を応援します。


利用までの流れ

1お問い合わせ・指導見学
事業所の方針や療育内容をご案内しますので、お電話・ホームページからお問い合わせの上、指導の見学にお越しください(要予約)。
2受給者証の申請・利用計画案作成
受給者証のないかたは、お住まいの自治体にある障害福祉課に受給者証の発行申請をお願いします。(※発行まで1ヵ月程度かかります)。受給者証入手後、お近くの相談支援事業所で、利用計画案の作成または変更をご依頼ください。(※保護者様作成のセルフプランでも可能です)
3お申し込み
利用開始日や日数を相談の上、契約となります。契約時に第1回目の家庭訪問日を調整します。
4家庭訪問による行動観察と
保護者様のヒアリング
トータスキッズ の利用第1回目はご自宅での行動観察と保護者様のヒアリングになります。この行動観察では、お子様が普段一番よく過ごされている場所で、好きな遊び等普段のおうちでの活動の様子を拝見すると同時に、ご家族からもヒアリングをさせていただきます。このことにより、より実態に近い様子のアセスメントを行い、ご家庭にとって必要なプランの提案と事業所での支援に役立てます。
5事業所での療育開始
アセスメントの情報をもとに個別療育がスタートします。

児童・放課後デイの特徴

児童発達支援事業

早期療育に特化し、応用行動分析に基づく個別指導を行います。ここでは、自閉症療育の専門組織であるNPO法人ADDSと慶應義塾大学が共同開発した「発達障害児に対するエビデンスに基づいた包括的早期療育プログラム」を採用しています。

毎回、一人1時間枠をご用意。指導員がトレーニングと共に、その記録をきちんと取ることによって、何がどう伸びたかを検証するよう努めます。

応用行動分析(ABA)の早期療育では、2-4才から療育を開始し集中的に(週20~40時間)行う、というところに特徴があるため、早期療育の効果を実感したい方は、週3回〜週5回通われることをお薦めします。

早期療育の効果を高めるため、ご家庭でもトレーニングをやりたいという方には、家庭での課題をお渡ししたり、保護者への指導も行います。ご相談ください。

放課後等デイサービス

1時間枠の個別指導です。応用行動分析のほか、視覚支援と構造化など、障害特性と段階にあった支援を組み立てます。学校の勉強の補強がしたい軽度のお子様はもちろん、集団行動が難しいお子様、将来の自立就労に向けた個別指導が必要なお子様にも適しています。家庭療育を行いたい方は、この枠でペアレントトレーニングが可能です。


1日のスケジュール

児童発達支援事業・放課後等デイサービス
通年
10:00〜11:00 個別指導①
11:00〜12:00 個別指導②
13:00〜14:00 個別指導③
14:00-15:00 個別指導④
15:00-16:00 個別指導⑤
16:00-17:00 個別指導⑥

*<個別指導50分+準備・フィードバック10分>の1時間

*長期休暇中は日によって遠足等の特別プログラムになる場合があります。


支援事例

Yくんのケース:

2歳児。通い始めたばかりです。自分の要求はクレーン(手を取ってやってほしいところに連れて行く)などしますが、保護者からの働きかけには反応がありません。保護者が療育を調べて、ここにたどり着いただめ、家族の意欲もとても高いです。

0:00 到着
ついたら靴を下駄箱に入れ、先生とご挨拶。お母さんからその日の様子を伺いつつ、部屋に入ります。
0:02 課題実施
言語指示がまだ通らないため、タッチしたら好きなおもちゃがもらえる等、何かやったらいいことがある♪という仕組みの理解から。そして、「動作模倣」「マッチング」等学びの基礎を身につけています。
0:50 保護者との時間
その日の振り返りと自宅でできる取り組みについて指導者からアドバイス。事業所だけでなく、家庭とともに課題に取り組むと効果が出やすいというデータもあり、実際私たちもその手応えを感じています。
1:00 お帰り
最後は玄関で、先生と「よく頑張りました^^。さようなら、またね!」

Hくんのケース:

トータスキッズ歴1年。最初は着席することに抵抗があり、人の働きかけにも反応が薄く、多動・こだわりも多くありましたが、できるを積み上げた結果、「やれば楽しいことがある!だから、まずは勉強、やっちゃおう!」と自ら部屋に入って着席するように。子供はもちろん保護者も自信がつき、家庭でも毎日20分勉強をしているとか。その成果あって、学びが加速しています。現在は、来年度の就学を控え、準備中です。

0:00 到着
ついたら靴を下駄箱に入れ、先生とご挨拶。お母さんからその日の様子を伺いつつ、部屋に入ります。
0:02 課題実施
「4つやったらトランポリンだよ^^」。数の概念、絵と文字のマッチングなど、スケジュールに合わせた課題を先生と取り組みます。一定時間着席できること、スケジュールを確認して学習できること。就学前の大事なスキルです。
0:40 遊びの時間
大好きなトランポリンをいろんなポーズで飛んでいます。トランポリンの合間にも、ひらがなの読みなどに取り組み、全部できたらまたトランポリン。遊びも学ぶ原動力に!
1:00 保護者への報告・お帰り
今日の振り返りなど保護者にお伝えします。最後は玄関で、先生と「よく頑張りました^^。さようなら、またね!」

Hくんのケース:

トータスキッズ歴7年。早期集中療育で、現在は通常級に通っている小学生。国語・算数など仕組みの理解があれば自信を持って取り組みますが、初めてのものは、求められていることがわからないと回避しがち。間違えさせない、自信をつける支援がポイントです。

0:00 到着
ヘルパーさん送迎のもと、ついたら靴を下駄箱に入れ、先生とご挨拶。
0:02 課題実施
学校の宿題、持ち込みの学習教材など、指導者と一緒に取り組みます。文章の読解、初見の問題など、求められていることがわからないと回避行動が見られるため、ひっかかりそうなときは先回りして、ヒントを出すなどできる形にして提示。できたら大いに褒め、自信を育みます。
0:50 遊びの時間
大好きなアニメのキャラの検索をし、先生と雑談をします。その時にも、自分だけで話すのではなく、こちらからいろんな質問を投げかけ、答える。こうしてやりとりを育みます。
1:00 お帰り
ヘルパーさんが迎えに来るまで、持ち物の確認、トイレなどを済ませて、ヘルパーさんが迎えに来るのを待ちます。迎えが来たら、ご挨拶。「さようなら、またね!」

Kくんのケース:

トータスキッズ歴1年。支援学校高等部に通っています。日常会話はできるので、理解が高いように見えますが、細かいところでつまづきがある。にも関わらず、難しいと思うと笑ってごまかすため、つまづきに気づいてもらえないことが多くあるようです。できる形にして提示する、できたら褒めるを繰り返し、着席しての活動が定着、自信を持って取り組めることが増えてきました。

0:00 到着
学校からトータスキッズまで自力で通所してくれているKくん。一方で、自分からドアを開け、入るということに抵抗がみられます。慣れ親しんだ支援者からの言葉がけ、他の人からの視線を遮る工夫などを行いつつ、部屋に入ります。
0:05 課題実施
「今日のスケジュールはこれです^^」。スケジュールに従った自立行動を促し、課題では、報告書につながる日記、数の概念などを実施、やり終わったら、報告。全体を通して就労に向けた力を育んでいます。
0:50 遊びの時間
クリエイターの才能があるKくんは、課題実施後にブロックで作品を作ります。同じブロックなのに毎回違うテーマ、違う形の造作物ができ、私たちも毎回その作品を見るのが楽しみです。
1:00 お帰り
最後は玄関で。毎日来てくれているので、先生とのご挨拶は「よく頑張りました^^。また明日!」

保護者との連携支援

トータスキッズでは、お子様のより効果的で豊かな支援環境を整えるため、保護者サポート及び連携を大切にしております。

ペアレントトレーニング

トータスキッズ では、ご自身のお子様の専門家であっていただきたいという思いから保護者の皆様にペアレントトレーニングを実施しています。保護者の皆様にトータスキッズ の指導の軸の一つである「ABA(応用行動分析)」の原理を学んでいただくことで、お子様の行動の理解が進み対処法が見えてくると同時に、家庭とトータスキッズで共通した支援法をとることにより、双方での療育の相乗効果が期待されます。

保護者交流・地域づくり活動

お子様の長期的な支援環境を整えるには、お子様だけでなく保護者様を取り巻く環境を整えることも大切です。トータスキッズでは保護者の皆様と協働して下記のようなイベントを行っています。

*知的障害&発達障害の子を持つママ交流会・パパ交流会(毎年春開催)

*いろんな子どもと家族のお祭り(毎年秋開催)


支援者紹介

オールスタッフ

トータスキッズ代表兼施設管理者

高橋嘉誉

高橋嘉誉

50以上の子どもと家族の個別指導経験と100ケース以上の療育相談の実績があり、子どもが楽しく学ぶ指導には定評がある。重度知的障害と自閉症を併せ持つ子供を含む三児の母という一面も。 特定非営利法人ファミリア・理事長。横須賀市社会福祉審議委員(2016年4月〜2018年3月)。NPO法人つみきの会・ペアレントコーディネーター。

2010年のトータスキッズ設立以来、私の支援の原動力は「ご家族の子供を思う心」でした。子どものためにできる努力をしている家族を見ると、「この家族のためにもっと頑張りたい!」と力をいただきます。トータスキッズがこれまで続けられたのもまた、ご家族と地域の皆さんが支えてくださったから。子どもの成長と親亡き後の子どもの未来を託せる地域を一緒に育んでくださるご家族の支援ができると嬉しいです。どうぞよろしくお願いいたします。

児童発達支援管理者

藤田智恵子

藤田智恵子

障害児者入所施設、生活介護施設等、成人期の支援の経験から、未就学児期の子どもの早期療育と家族支援の必要性を強く感じ、トータスキッズの福祉事業化に参画。成人期のサービス管理責任者、相談支援専門員、支援区分認定調査員等の研修も受講し、実務経験あり。他、介護支援専門員資格あり。

施設内で完結する入所施設を退職して、地域での暮らしを支える支援体制づくりを目指して、地域の親と支援者の会にも参加し、通所施設やグループホーム、移動支援、居宅介護、相談支援等で成人期の地域生活を支える職場で働きながら、多くの団体と協力して地域での暮らしを支える成人期の制度提案等の活動も行ってきました。その中で、幼少期から発達等に課題をかかえるお子さんが、安心して地域で暮らせる早期療育や保護者支援のシステムが不十分であると強く感じ、高橋さんとの出会いを契機に、トータスキッズのお手伝いをすることとなりました。これまでの経験を生かして、微力ながら、お子さんと親御さんが笑顔で暮らせる地域作りも含めて、お子さんの明るい未来を一緒につくっていきたいと思います。

指導スタッフ

小原香澄美

小原香澄美

保育園勤務歴はトータルで10年以上。AsMamaのママサポーターとして地域で子育てをシェアすることを広める活動やお預かりもしている。軽度の自閉スペクトラム症の子どもを持つ。

我が子が診断を受けたことをきっかけに、療育や発達支援というものを学び出しました。私も我が子と向き合いながら学ぶことがたくさんありますが、やはり子どもたちが笑顔で生きていくことが一番大切だと思っております。ご家族の皆さんと一緒に、お子様達の笑顔を増やし、ご家族の幸せを増やすお手伝いができたらと思っております。一緒に笑って成長していけたら嬉しいです。よろしくお願いいたします。

指導スタッフ

龍崎明信

龍崎明信

YRPに10年以上勤めていたシステムエンジニアである一方、引きこもり・いじめ問題を取り扱う市民団体への参加、そして市内ロボットコンテストの模様を冊子化する事業の立ち上げなど、幅広く市民活動にも関わっていた経験がある。2018年9月から、SMILE LABOプログラミング教室で、高橋とともにプログラミングの指導も行っている。

この業界の出身ではありませんが、自分自身生きづらさを感じていた過去があり、また、自閉を持つ甥の存在から、何か同じ悩みを持つ若者に向けたことができないかと様々な活動に参加してきました。実績のない自分にとっては、過去感じてきた思いや、経験こそが資本です。この経験が、同じ悩みを持つ若者、そして当事者のご家族のみなさまのお役に立てるよう、取り組んで参ります。

指導スタッフ

岩野美和

岩野美和

保障害児通園施設や保育園で勤務。幼稚園教諭、保育士資格あり。

今までの職務経験から、子どもの特徴や特性に目を向けるようになり、特に発達につまづきがある子どもに対しての細やかな配慮の必要性を感じています。社会で生きていくための、スモールステップをご家族と共に共有しながら一緒に成長を見守っていきたいと考えています。どうぞよろしくお願いいたします。

指導スタッフ

岩崎みゆき

岩崎みゆき

幼稚園、児童発達支援、放課後等デイサービスで計8年、沢山の子供達と触れ合い、向き合う中で、早期療育の大切さを実感し、トータスキッズ非常勤として勤務開始。幼稚園教諭、保育士資格あり。

以前から興味のあったABAを学ぶ事が出来る、トータスキッズとご縁をいただき、‘今’しかない子供達のかけがえのない姿をしっかり見つめながらも、‘将来を見据えた生きる力’を育んでもらえるように、日々学び、努めていきたいと思っております。どうぞ宜しくお願い致します。

保護者の声


<Hくん・小学3年生通常級:トータスキッズでの療育歴7年>

トータスキッズに通えたからこそ今がある。

現在小学4年生の息子は、毎日が楽しいと通常級に通い、お友達とも遊べるようになりました。
3歳前に広汎性発達障害と診断された息子は、当初は軽度の精神遅滞もあり、少しでも改善できる療育をと、トータスキッズ(高橋先生)に出会えたことは、息子にとっても家族にとっても本当に幸運でした。
トータスキッズに通って、わかること・できることが増え、世界が広がり楽しく過ごせるようになった。これから生きていく上での可能性が広がったと実感しています。
診断当初は◯を描くこともやっとでしたが、基礎的なことから障害・状態に合う、そして効果のある療育トレーニングをコツコツと積み重ねていただき、今は想像力豊かな微細な自由画も楽しめるようになりました。
就学し、学校との連携にあたり、高橋先生がアドバイスやお力添えをくださり、とても心強く大きな支えを感じています。この支援(学校での行動観察・アセスメントなど)は実際に息子に返り、学校生活に大きく影響しています。
将来としては、息子自身が幸せを感じて生きていける自立、そして、少しでも、社会に貢献できるようになれたら。。。それが、目標です。コミュニケーション力の弱さ等々、社会生活をしていく上でどこまでやっていけるようになることができるのか、不安もあります。
けれども、これからも専門的な指導を受けながら(トータスキッズを続けながら)、頑張っている息子を認めながら、息子の可能性の扉を一つ一つ開けていけるようできることを少しずつ続けていきたいと思います。

<Rくん・年少:トータスキッズでの療育歴3年>

息子は小さいころから他人と目が合わず、3歳を過ぎても言葉らしきものは一切ありませんでした。2歳で診断が下りた時に初めて「療育」という言葉を知ったものの、親として何をすれば良いのかが分からず、不安な気持ちのまま、ただ時間ばかりが過ぎていきました。
そんな時にトータスキッズに出会い、息子より少し年上の男の子が高橋先生とお喋りしながら本当に楽しそうに課題に取り組む姿を見て、息子もこんな風に成長してもらいたいと願いトータスキッズに通わせたいと思いました。
息子は以前より笑顔が格段に増えて表情も豊かになり、そのことで彼の感情の変化に気づき対応もし易くなりました。また、最近では「ちょうだい」「いらない」などの発語も増えてきて、少しずつでも息子なりに成長していることを、親として楽しみながら受け止めることが出来るようになりました。
我が家では1年後の小学校入学への不安を抱えつつも、息子のペースにあわせて親も一緒に成長し、これからも楽しくトータスキッズに通うつもりです。ここでは子供の成長をともに喜んでくれる仲間にも出会えますのでので、これから通われる方がいらっしゃれば気持ちを共有しつつ一緒に頑張りましょう!